大学生のTOEIC平均 はどれくらい?大学生に必要な点数やレベルの一覧




「大学生のうちにTOEICを受けた方がいい」と聞いたことはありませんか?

点数が高いと就職に有利で、就活前に受ける方もいれば、大学生になる前から受けている方もいます。
しかし一方、英語の試験を受けることに気が進まない方もいるでしょう。

そこで今回は、 大学生のTOEIC平均 や、必要な点数、レベルを紹介します。
「TOEICを受験する上での注意点」や「いつから受けるべきか」などのポイントもまとめているので、よろしければ参考にしてください。




そもそも大学生が受けているTOEICとは

TOEICとは「Test of English for International Communication」の略で、「トーイック」と呼ばれています。
日常的に英語を話さない人々が、どれほど英語でコミュニケーションができるかを測定する試験です。
日本人向けの英語テストである「英検」とは違い、TOEICは世界共通の英語テストになります。
そのため、大学生になってから存在を知った方もいるでしょう。

検定試験ではないので、合格や不合格はありません。
その代わりに、点数で英語レベルを評価しています。
就活で使うのは基本的に、リーディングとリスニングのテストスコアです。

「TOEIC公開テスト」と「TOEIC IPテスト」の違い

大学生が受けるTOEICには、「公開テスト」と「IPテスト」があります。
大学生のTOEIC平均を参考する上で必要な知識ですので、確認しておきましょう。

TOEIC公開テストは個人に対して実施されるもので、TOEIC IPテストは、企業や学校などの団体で実施されるものです。
履歴書や自己PR書に書くスコアは、TOEIC公開テストのスコアを書いてください。

TOEIC IPテストは TOEIC公開テストの過去問を使っていますが、それによりスコアの基準が変わるわけではありません。
またTOEIC公開テストを受けると発行される公式の認定証は、TOEIC IPテストでは発行されません。

大学生にTOEICって必要?

TOEICは、大学生のうちに必ずやらなければいけないものではありません。
ですが英検と同じように、あなた自身の英語力を証明することができます。

特に現代はグローバル社会と呼ばれ、日本に海外出身の方は大勢います。
あなたの大学にもきっといるはずです。

英語がペラペラに話せるほどとは言いませんが、最低限の英語力は必要でしょう。
もしかしたら英語がきっかけで、あなたの人生が大きく変わるかもしれません。

また就活の採用情報のところに、TOEICスコアが条件になっている企業もあります。
ですので、あなたが志望する企業の採用データもチェックしておきたいですね。

大学生のTOEIC平均点を紹介します!

ではここから、大学生のTOEIC平均を紹介していきます!

IIBC(国際ビジネスコミュニケーション協会)が、大学生のTOEIC平均を2017年に発表しています。
それは2016年度のTOEIC のスコアをまとめたものです。

まず、TOEIC公開テストの結果は次のようになりました。

大学生TOEIC平均点 561点
大学院生TOEIC平均点 602点

大学生のTOEICの学年別平均点

次にTOEIC IPテストを受験した大学生の、学年別TOEICスコアです。

大学1年生 430点
大学2年生 435点
大学3年生 484点
大学4年生 513点

TOEIC公開テストの受験者は個人で申し込んでいるので、英語の勉強に対して意欲的なのではないでしょうか。
そのため、団体として受験しているTOEIC IPテストの受験者よりも高いスコアになっているのかもしれません。

内定者のTOEIC平均点

そしてTOEIC IPテストを受験した内定者の平均点は、「544点」でした。
また2015年も同じ「544点」、2014年は「557点」でした。

新卒で入社する場合、一般的には「600点以上」というスコアを耳にします。
これは、600点が英語で仕事やコミュニケーションのできる最低スコアとされているからかもしれません。

しかし、職種によってより高いレベルを要求されるところもあります。
特に国際系の職種の場合、TOEICレベル別スコアでBランクは狙いたいです。
でないと、入社してからが大変だと思いますよ。

ですが、600点に届いていないから書かない方がいい、ということはありません。
TOEICスコアが低い場合は、改善に向けて努力していることを、面接で話せるようにするようにしてください。

TOEICのレベル別スコア

IIBCが発表している、TOEICのレベル別スコアです。

・Aランク【860以上】

ネイティブスピーカーとも会話ができるレベル。

・Bランク【730以上860未満】

日常会話には困らないレベル。
特定分野の内容も理解できる。

・Cランク【470以上730未満】

日常会話も要点を理解することができるレベル。
自分の意思もなんとか伝えることができる。

・Dランク【220以上470未満】

相手にゆっくりはっきり話してもらえば、簡単な言葉は理解できるレベル。
最低限の会話表現はできる。

・Eランク【220未満】

単純な会話であってもあまり理解ができない。

「TOEFL」や「IELTS」との違いも知っておこう!

大学生になると似たようなもので、「TOEFL」や「IELTS」も聞いたことがあるでしょう。
TOEFL は「Test of English as a Foreign Language」の略で、「トーフル」と呼ばれています。
IELTSは「International English Language Testing System」の略で、「アイエルツ」と呼ばれています。

これらのスコアは海外の大学に入学するときや、留学するときに必要になります。
どちらも世界共通の英語テストですが、ネイティブ基準になっているためTOEICよりも難しく感じるでしょう。

就活中に私が体験したTOEICの話

それは集団面接のときでした。

面接官の一人が日本語で、「あなたはTOEICのスコアを持っていますね?」と聞いてきました。
そして次の瞬間、英語で質問を問いかけてきました。

内容は正確には覚えていないのですが。
「仕事は一人の方がいいか、チームの方がいいか、どちらですか?」というような感じでした。
答えた後には理由も聞かれました。

私は簡単にしか答えられませんでしたが、スラスラと答えている就活生もいました。
その面接には私も通りましたが、「この人には勝てないな」と思ってしまいましたね。

大学生ならTOEICいつから受ける?

TOEICは年に10回(2月と8月以外)実施されているので、おおよそ月に1回受けることができます。

大学1年生の頃からTOEICを受験している方もいますが、全体的に見ると少ない傾向です。

ですがTOEICは、1回、2回よりも3回以上受けている方がスコアは高いというデータもあります。
そのため留学や海外勤務を考えている方は、早くから受験することをオススメします。

大学生がTOEICを受験する注意点

大学生がTOEICを受験するときは、「いつまでに受けるか」ということに注意が必要です。

TOEICの試験結果が返ってくるまでに、およそ1ヶ月程度かかります。
ESに点数を記入する場合、就活が解禁する前には持っていなければなりません。
そこから逆算して、最低3回を目安に受験できるようにしましょう。

また、課題や自己PRを記入する時間も確保する必要があるので、余裕を持って試験を受けたいですね。

TOEICスコアに有効期限はある?

就活のESにはTOEICスコアを書く欄と、取得年月を書く欄があります。
ですので、公認の認定証はしっかりとっておいてください。

基本的にTOEICスコアの有効期限はありません。
ですが、「直近2年以内のもの」とよく言われています。
大学1年やそれ以前のスコアだと、今の英語力がどうか不安ですよね。

私が使ったスコアは、就活が解禁される直前のものでした。
就活が始まってからTOEICを受けるのは大変です。
それまでにあなたが納得いくスコアを出せるよう、頑張ってください!

大学生のTOEIC平均のまとめ

今回は大学生のTOEIC平均や、必要な点数、レベルを紹介しました。

大学生の平均点はだいたい550点前後ですが、就活のことを考えると600点は狙いたいです。
海外転勤がある大手企業や国際企業を考えている方は、730点はないと、後々苦労することになるでしょう。

やみくもに受験するのではなく、あなたの目標に向けて計画を立ててくださいね!