悪い評価の真相は?モーガンズシャンプーの口コミと成分解析まとめ




美容師にヘアケア指導実績のある私が、「mogans(モーガンズ )シャンプー」の口コミ評価や成分解析をまとめてみました。

1、モーガンズシャンプーの特徴を紹介
2、モーガンズシャンプーの口コミを評価
3、事実を確認するために成分解析

モーガンズには、全部で4種類のシャンプーがあり、どれも頭皮に優しい成分が含まれています。

しかし口コミの中には、悪く評価されている内容もあったので、ここで紹介する成分解析の結果を参考にしてみてください。




モーガンズシャンプーの特徴

モーガンズは、アットコスメでも1位を獲得しているノンシリコンシャンプーです。植物由来成分が96%以上配合されており、刺激の少ないアミノ酸系の洗浄成分を使用しています。

また、12の無添加にこだわっているため、以下の添加物は含まれておらず、お子さんにも安心して使えるでしょう。

石油由来界面活性剤・鉱物油・ラウリル硫酸Na・ラウレス硫酸Na・合成香料・DEA・MEA・TEA・シリコン・合成ポリマー・フェノキシエタノール・パラベン

ふんわり仕上がりの「リッチ&フローラル」、サラサラ仕上がりの「スムース&ガーデン」、しっとり仕上がりの「モイスト&フォレスト」に加えて、スカルプケアの「リッチ&ブルーミン」が用意されています。

モーガンズシャンプーは、ドラッグストアやロフトでも販売されていますが、公式サイトの方がお得です。また、お試しサイズの「トライアルキット(※)」も用意されているので、ぜひ一度試してみてください。

公式価格
(税抜)
スムース&ガーデン1,900円
モイスト&フォレスト1,900円
リッチ&ブルーミン2,600円
リッチ&フローラル2,600円
内容量 300ml
シリコン ノンシリコン
仕上がり スムース&ガーデン/さらさら
モイスト&フォレスト/しっとり
リッチ&ブルーミン/すっきり
リッチ&フローラル/ふんわり

※トライアルキットの内容は「リッチ&フローラル」となります。送料無料で、約1週間分が「734円(税込)」です。

モーガンズシャンプーの口コミ評価

ここからは、モーガンズシャンプーの口コミについて紹介していきます。評価の低い口コミについてもまとめていますので、参考にしてみてください。

モーガンズシャンプーの高評価の口コミ

モーガンズシャンプーの、評価の高い口コミの中には、「髪がまとまる」や「手触りが良くなる」といった意見が多く見られました。
また、肌が弱くても使いやすいようで、肌トラブルが改善したという方もいるそうです。

モーガンズシャンプーの低評価の口コミ

一方で、モーガンズシャンプーには「抜け毛が増えた」、「髪がきしむ・パサつく」といった、悪い意見が見られました。

しかしこの口コミを書いたのは、モーガンズシャンプーを使い始めてすぐの方が多く、地肌に慣れてくると治まるそうです。

また、モーガンズの香りが気になるという方もいました。

モーガンズシャンプーの成分解析

ではここから、モーガンズシャンプーの成分解析をしていきます!まず成分表を紹介したあと、解析結果をまとめているので、ここは読み飛ばしても構いません。

モーガンズシャンプーの成分解析結果へ

モーガンズ スキャルプケアシャンプー リッチ&ブルーミン

水、ラウロイルメチルアラニンNa、コカミドプロピルベタイン、デシルグルコシド、ベタイン、グリチルリチン酸2K、グルタミン酸Na、アルギニン、アスパラギン酸、グリシ ン、アラニン、セリン、バリン、イソロイシン、トレオニン、プロリン、リシンHCl、ヒスチ ジン、フェニルアラニン、システイン、セテアレス‐60ミリスチルグリコール、エチルヘ キシルグリセリン、マンダリンオレンジ果皮油、コリアンダー果実油、オレンジ果皮 油、イランイラン花油、チョウジ葉油、ニオイテンジクアオイ油、ビターオレンジ花油、 ラベンダー油、オリーブ果実油、グルタミン酸、ツバキ種子油、ブドウ種子油、月見草 油、ヒマワリ種子油、トウガラシ果実エキス、センブリエキス、トコフェロール、エタノー ル、クエン酸、カラメル、PCA、PCA-Na、乳酸Na、EDTA-2Na、ポリクオタニウム‐ 10、安息香酸Na、メチルクロロイソチアゾリノン、メチルイソチアゾリノン

モーガンズ ノンシリコンアミノ酸ヘアシャンプー スムース&ガーデン

水、グリセリン、コカミドプロピルベタイン、ココイルメチルタウリンNa、ラウロイルメチルアラニンNa、デシルグルコシド、セテアレス-60ミリスチルグリコール、ベタイン、ジラウロイルグルタミン酸リシンNa、ラベンダー油、ラベンダー花エキス、ジャスミン油、オレンジ果皮油、オリーブ果実油、ツバキ種子油、ヒマワリ種子油、ブドウ種子油、月見草油、キハダ樹皮エキス、カミツレ花エキス、ハチミツ、パンテノール、ヒアルロン酸Na、タウリン、リシンHCl、グルタミン酸、グリシン、ロイシン、ヒスチジンHCI、セリン、バリン、アスパラギン酸Na、トレオニン、アラニン、イソロイシン、アラントイン、フェニルアラニン、アルギニン、プロリン、チロシン、イノシン酸2Na、グアニル酸2Na、カラメル、カプリリルグリコール、BG、クエン酸、ポリクオタニウム-10、EDTA-2Na、カプリルヒドロキサム酸、安息香酸Na

モーガンズ  ノンシリコンアミノ酸ヘアシャンプー モイスト&フォレスト

水、コカミドプロピルベタイン、ココイルグルタミン酸2Na、ラウラミドプロピルベタイン、グリセリン、ラウリン酸ポリグリセリル-10、プロパンジオール、ペンチレングリコール、トレハロース、塩化Na、(エイコサン二酸/テトラデカン二酸)ポリグリセリル-10、PCA-Na、アスパラギン酸Na、アラニン、アラントイン、アルギニン、イソロイシン、イノシン酸2Na、セリン、タウリン、チロシン、トレオニン、バリン、ヒスチジンHCl、フィチン酸Na、フェニルアラニン、プロリン、リシンHCl、ロイシン、カプリル酸グリセリル、グアニル酸2Na、クエン酸、グリシン、グルタミン酸、ローマカミツレ油、ショウズク種子油、レモン果皮油、ユーカリ葉油、ニオイテンジクアオイ油、ラベンダー油、レモングラス油、ライム油、マンダリンオレンジ果皮油、グレープフルーツ果皮油、ローズマリー葉油、ベチベル根油、イランイラン花油、ティーツリー葉油、ココアンホジ酢酸2Na、ジラウロイルグルタミン酸リシンNa、ポリクオタニウム-10、エタノール、カプリル酸グリセリル、カラメル

モーガンズ  ノンシリコンアミノ酸ヘアシャンプー リッチ&フローラル

水、デシルグルコシド、グリセリン、オレフィン(C14-16)スルホン酸Na、ラウリルベタイン、ラウロイルメチルアラニンNa、ハチミツ、パンテノール、オリーブ油、月見草油、ツバキ油、ヒマワリ種子油、ブドウ種子油、タウリン、リシンHCl、グルタミン酸、グリシン、ロイシン、ヒスチジンHCl、セリン、バリン、アスパラギン酸Na、トレオニン、アラニン、イソロイシン、アラントイン、フェニルアラニン、アルギニン、チロシン、イノシン酸2Na、グアニル酸2Na、プロリン、ヒアルロン酸Na、カミツレ花エキス、ハイビスカス花エキス、ラベンダー花エキス、イランイラン油、パチュリ油、グレープフルーツ果皮油、ゼラニウム油、ビャクダン油、カラメル、キハダ樹皮エキス、クエン酸、BG、EDTA-2Na、エチドロン酸4Na、ポリクオタニウム-10、塩化Na、安息香酸Na、メチルイソチアゾリノン、香料

(成分表の参考:モーガンズ公式サイト

【解析結果】モーガンズシャンプーの期待できる効果

洗浄成分が低刺激

モーガンズシャンプーには、市販のシャンプーでよく見かける、「ラウリル硫酸Na」や、「ラウレス硫酸Na」などの洗浄成分が含まれていません。

その代わりに、「コカミドプロピルベタイン・ココイルグルタミン酸2Na・ラウラミドプロピルベタイン・デシルグルコシド」などの成分が配合されています。

これらの成分は刺激が弱く、洗浄力を緩和させる役割で使われることが多いのですが、モーガンズシャンプーでは、洗浄の主成分として使われているので嬉しいですね。

ベビーシャンプーにも含まれる成分で、頭皮に優しいだけでなく、ダメージが気になる髪でも、パサつきを感じにくい仕上がりになるでしょう。

特におすすめは、「モーガンズ スキャルプケアシャンプー リッチ&ブルーミン」と、「モーガンズ ノンシリコンアミノ酸ヘアシャンプー スムース&ガーデン」です。

お子さんにも使える安全性

先ほども説明したように、モーガンズは刺激の少ないシャンプーで、頭皮に優しいつくりになっています。

それだけでなく、「12の無添加」にこだわっているので、敏感肌の方やお子さんにも、安心して使うことができるのです。

1、石油由来界面活性剤
2、鉱物油
3、ラウリル硫酸Na
4、ラウレス硫酸Na
5、合成香料
6、DEA
7、MEA
8、TEA
9、シリコン
10、合成ポリマー
11、フェノキシエタノール
12、パラベン

特に、「DEA・MEA・TEA」は、発ガン性物質の可能性がある成分と言われています。
普通にシャンプーを使う分には問題はないので、そこまで気にする必要はありませんが、安全性という意味では、無添加であることに越したことはありません。

豊富なボタニカル成分

植物由来成分の配合量について、モーガンズの「モイスト&フォレスト」は96%以上、「リッチ&ブルーミン」、「スムース&ガーデン」、「リッチ&フローラル」は、99%以上になっています。

このように、モーガンズシャンプーは、ボタニカル成分が豊富に含まれていることも特徴の1つです。

どの種類のモーガンズシャンプーにも、共通して配合されているボタニカル成分として、乾燥を防ぐ効果が期待できる「ラベンダー油」があります。

他にも、ツヤ・コシを与える「ツバキ油」や、肌を保護する効果がある「月見草」、保湿効果の高い「オリーブ油」などのボタニカル成分が豊富です。

【解析結果】モーガンズシャンプーの注意点

 

補修効果はあまり期待できないかも

モーガンズのシャンプーには、ボタニカル成分や、刺激の少ないアミノ酸成分が配合されていますが、補修効果に特徴のある成分は、あまり見つかりませんでした。

そのため、髪のダメージに悩んでいる方は、モーガンズのコンディショナーと一緒に使ったり、洗い流さないトリートメントを使ったりして、ヘアケア効果を高めた方が良さそうです。

アレルギー反応を起こす場合も

安全性の高いモーガンズシャンプーですが、成分解析をしてみると、気になるものを見つけました。それは、「メチルイソチアゾリノン」という防腐剤の成分です。

この成分は、厳しい配合量の基準が設定されており、メイク製品などの、洗い流さない製品の使用は禁止されています。
そのため、人によっては、皮膚炎などのアレルギー反応を起こすことがあると言われているので、注意してください。

基本的に、しっかり洗い流せば問題はないようなので、モーガンズのシャンプーを使うときは、丁寧にシャワーをしてあげましょう。

モーガンズの香りが個性的

悪い口コミにもありましたが、モーガンズシャンプーの香りについては、意見が大きく別れているようです。
具体的には、「男性の整髪料のような香りがする」という口コミもあれば、「仏壇のお線香みたい」という口コミもありました。

特に、モーガンズシャンプーで洗った直後や、ドライヤーで乾かしている時に気になるようですが、後に残ることはあまりなさそうです。

もし気になるようでしたら、お風呂上がりに洗い流さないトリートメントをつけてみたり、自分好みの整髪料をつけてみたりしましょう。

モーガンズシャンプーの効果的な使い方

モーガンズシャンプーを使うときは、市販のシャンプーと同じように、すぐに洗い流さないようにしましょう。公式サイトによると、約1分ほど、泡で髪をパックすると良いそうです。

これは、モーガンズに含まれている豊富なアミノ酸成分を、髪に浸透させる目的があります。
またパックをしておくと、シャンプーの泡が、頭皮の汚れや脂を浮き上がらせくれるので、頭皮環境を整える効果もあるのです。

モーガンズのコンディショナーを使うときにも、3分〜5分のパックをすることで、へケア効果を高めることができるので、ぜひ意識してみてください。

モーガンズシャンプーの口コミ評価と成分解析まとめ

今回は、モーガンズシャンプーの悪い口コミについて調査してみました。

成分解析をしてみると、モーガンズは刺激性の少ないシャンプーで、頭皮に優しいことがわかりました。また、安全性が高いことから、お子さんがいるご家庭にもおすすめです。

モーガンズを使う時には、豊富なアミノ酸成分を髪に浸透させるためにも、じっくり泡パックをしてましょう。
悪い口コミも見られますが、正しく使えば、モーガンズシャンプーは口コミ以上の効果も期待できます。

特に、「モーガンズ スキャルプケアシャンプー リッチ&ブルーミン」は、数あるボタニカルシャンプーの中でもおすすめなので、ぜひ公式サイトで確認してみてください!

ボタニカルシャンプーの効果がすごい!おすすめ人気ランキング21選

2018.08.13